忍者ブログ
Admin / Write / Res
二重手術で目元をパッチリ、プチ整形として人気の二重まぶたの整形ですが、その情報やニュースを紹介。
[15]  [14]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
[PR]
2017/06/29 (Thu) 21:33
Posted by No Name Ninja
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メスを使わない美容の医学
 
 

メスを使わない美容の医学

【内容情報】(「BOOK」データベースより)
「コラーゲン入りの化粧品を塗れば、皮膚のコラーゲンはどんどん増える」
「肌の老化をくい止めるには、老化した細胞ほ若返らせればいい」。
誰もが真実だと思っていた美容の常識が間違っていたとしたらどうしますか?
近年、女性の美容への関心は驚くほど高まっていますが、同時に間違った
美容の常識が広まってしまったのもまた事実なのです。
本書では、そうした誤った美容の常識を正すとともに、現在の美容外科の分野
で最も新しい「メスを使わない」美容療法を紹介します。
 
【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 注目!ビーム治療の不思議な効果(目で見えた!コラーゲンが増えた!
ビーム効果の証拠写真/シワやたるみとおさらば。ビームで弾力繊維が増加 ほか)/
第2章 肌の美容にまつわるウソとホント(強力な二重まぶた用接着剤で上まぶたが
シワシワに!?/速効性シワ取りクリームは本当にシワが消えるのか ほか)/
第3章 なぜ?誤解されたままのワキガ治療(ワキの皮膚の構造を知れば、間違った
ワキガ治療は選ばない/日進月歩の医療技術、ワキガ治療だけが取り残されたわけは? ほか)/
第4章 その二重、あなたには似合いません(誰もが勘違いしている、二重まぶたの
大きな誤解2つ/昔からあった、切らない二重手術。でもこんな問題が… ほか)/
第5章 急増!尿もれ・不感症・腟のゆるみ(尿もれ、不感症、腟のゆるみ。実はすべて
原因は同じもの/憧れのまと、長身でモデル体型。でも骨盤の中はスカスカ ほか)
 
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
吉沢伸二(ヨシザワシンジ)昭和18年生まれ。東邦大学医学部卒業。医学博士。藤枝市立
病院医長、東邦大学医学部講師を歴任した後、昭和60年美容外科ミナミクリニックを開業。
平成8年同クリニックを吉沢クリニックに改称。昭和62年日本美容外科学会認定専門医。
目・鼻などはもちろん、顔から足先まで全ての美容整形手術を手がける
(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

二重手術で目元パッチリトップへ

別れた相手と寄りをもどしたい、別れてしまったんだけど、とても後悔している。そんな人は⇒別れのお悩み解決

PR
バーコード
二重まぶた手術のこと整形 二重まぶたを考えます
Copyright ©  二重手術で目元パッチリ All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]